東京海底谷。そこが未知なる世界への入り口 ――

深海、太陽光がとどかない暗黒の世界。そして高水圧・低水温・低酸素・餌の乏しい過酷な環境。生きものたちは独自の進化を遂げ、この環境に適応し、生き抜いてきました。その生きものたちの生態の多くは謎に包まれています。
LABO7「未知なる海底谷 深海リウム」では、東京湾・相模湾の深海にすむ希少な生きものとともに、この海域で捕獲されたミツクリザメやラブカの標本を展示しています。

このエリアで見られる生きもの