オウサマペンギンの赤ちゃん

横浜・八景島シーパダイスでは、沢山のペンギンが暮らしているのをご存じですか?

今回はその中でも、一番大きなオウサマペンギンをご紹介したいと思います。
なぜ今回このオウサマペンギンをご紹介したかったかと言いますと、実は今年の9月1日にオウサマペンギンの赤ちゃんが生まれたんです!

ご紹介が遅くなり、すみません・・・。もう生まれてからだいぶ月日が経っていますが・・・


まだまだ甘えん坊な赤ちゃん!今でも親にぴったりと寄り沿っています。
そんな赤ちゃんペンギン、無事に大きくなるまでは、みなさまから見えないお部屋でのんびり暮らしています。

そんな愛らしい姿をみなさまにお見せしたい!
という事で今回は投稿させていただきました!

まずは、、、卵から~☆

20141128kingp01.jpg

大きさは8cm程。ペンギンは鳥の仲間なので、卵で生まれて来ます。
これは孵卵機という卵を温める機械に入っているところ☆
57日間この孵卵機の中で温められ、卵の殻がちょっとずつ割れて、ヒナが誕生します。
そして、2週間程経った姿がこちら!

20141128kingp02.jpg

お母さんペンギンと一緒に居るところをパシャリ☆
生まれてすぐは、大人のオウサマペンギンの色鮮やかな体色とは、まったく違う全身グレーの綿羽で覆われています☆
オウサマペンギンの親は順番にヒナの面倒を見ます。今日は、お母さん!次はお父さん!こんな風にしっかり2羽で子育てをします☆

そして、今現在は、ここまで大きくなりました☆

20141128kingp03.jpg

あれ?・・・だいぶ変わりましたが・・・。
あのグレーの綿羽から、全身茶色に生え変わったんです☆
大きさも、もう親とそんなに変わりありません。

こんなに、すくすく大きくなったのもお父さん・お母さんペンギンの毎日の愛情があってからこそですね☆
いつか、みなさまに大きくなった姿をお見せ出来る日を楽しみにしていてくださいね☆

和名:オウサマペンギン
学名:Aptenodytes patagonicus
英名:King Penguin