口にチューブを入れて...

おはようございます!

今は朝。
イルカたちもお腹を空かせてご飯を待っています。

おや、何やらご飯の魚とは違うものを口に入れているイルカがいますね...
チューブを口にいれ、トレーナーが中に何か流し込んでいます。

20141031hoeki01.jpg

これは「経口補液(ほえき)」をしているところです。


流しているのは人肌程度に温めたお湯です。
なぜこんなことをしていると思いますか?

ずばり!水分補給のためです!!

水族館でイルカたちにあげる魚は冷凍したものを解凍して使用するため、水分が不足しがちです。


毎月の血液検査によって、イルカたちが水分不足になっていないか確認します。
水分が不足がちなイルカには、このような作業をして水分補給を行うわけです。

20141031hoeki02.jpg

もちろん、はじめからできるわけではないので、ちょっとずつトレーニングをして、できるようになるわけです。

シロイルカだってこのとおり。

20141031hoeki03.jpg

水分補給も済んだことだし、今日も一日いっしょにショーをがんばろう!!