砂地に隠れる魚の正体

今日紹介するのはアオリイカが生活しているこの水槽です。

20140428meita01.jpg

水槽を見ると、アオリイカとネンブツダイの群れが目立ちますが、今日注目する生きものはこちらです!

20140428meita02.jpg

ただ水槽を眺めているだけでは、なかなか見つけられないこの魚。
メイタガレイといいます。
ヒラメやカレイは、みなさんもご存知のとおり平べったい体をしています。
この体型を上手に利用し、砂の中に潜ることで敵から身を守ったり、餌となる魚を待ち伏せするのです。
水槽内のメイタガレイも大人の手のひらほどの大きさがあり、砂さえなければ簡単に見つけることができるのですが...潜っていると見逃してしまう方も多いようです。

しかし!難易度は高いものの、見つけるポイントがあります。
それは目です。

20140428meita03.jpg

砂の中に潜っていても、敵や獲物はしっかり見ることができるように目だけは砂から出しているのです。体隠して目隠さずってやつです。

なかなか全身を見ることは少ないのですが、ごはんの時間になると砂地に落ちてきたオキアミなどをついばんで食べる姿が観察できますので見てみてくださいね:)

種名:メイタガレイ
学名:Pleuronichthys cornutus
英名:Finespotted flounder