必見!ミニミニアンコウ

今日紹介するのは、アクアミュージアム3F『美しい「海の花」たち』ゾーンでひっそりと暮らすこの生きものです。

20140124GundP01.jpg

先月にもブログで紹介させていただきましたアンコウです。
餌を捕まえるときに使う疑似餌(ぎじえ)の話をしましたね。 (コチラ)


前回のブログで、シーパラのアンコウは手のひらサイズと紹介しました。
ということで、実際に手を合わせてみました。スタッフの手の大きさは17cmです。

20140124GundP02.jpg

体長が最大1mにもなると言われているアンコウなので、この大きさでもとても小さいサイズなのですが、実はもっと小さいアンコウが同じ水槽で暮らしているのです。

その写真がこちら。

20140124GundP03.jpg

右側がさっき手を合わせて紹介したアンコウです。その左側にもっと小さいアンコウが見えますでしょうか?右側のアンコウに比べると、半分程で10cmにも満たない大きさです。

とても小さい体ですが、姿や形はアンコウそのもので、ちゃんと疑似餌もついていますよ。
これほど小さいアンコウは、シーパラでもなかなか搬入されませんので、必見です:)


種名:アンコウ
学名:Lophiomus setigerus
英名:Monkfish