今がイチオシですよ!

シーパラでは500種10万点の生きものたちが暮らしていますが、その中でも「今がイチオシ」の魚を紹介します!

その魚はこちら!

20131204taeni01.jpg

アクアミュージアム3F『美しい「海の花」たち』ゾーンに7本ある水槽のうち一番右の水槽で暮らす 「オビテンスモドキ」という魚です。
写真のオビテンスモドキは幼魚の姿で、2本の長く伸びた背鰭と、海藻の切れ端のようにゆらゆらと泳ぐ姿がとても可愛らしい魚です。

なぜこの魚が「今がイチオシ」なのかといいますと…
オビテンスモドキは、大人になると姿が変わる魚なのです。
成長するにつれて2本の長く伸びた背鰭は少しずつ短くなり、やがてなくなってしまいます。また、体の模様もはっきりとした網目模様に変わってくるのです。

こちらが成長したオビテンスモドキです。

20131204taeni02.jpg

違いがお分かりいただけますでしょうか。

シーパラでは、幼魚と成長したオビテンスモドキを同じ水槽で展示しておりますので、ぜひ見比べてみてくださいね:)



種名:オビテンスモドキ
学名:Novaculichthys taeniurus
英名:Rockmover wrass
場所:アクアミュージアム3F『美しい「海の花」たち』