水槽をキレイにしているのは・・・

以前、ダイバーが潜水機材を用いて水槽やプールを清掃する
といったブログを紹介しました。

20131128clean01.JPG

しかし、必ずしも水槽掃除は潜水機材を使うわけではありません!
水槽によっては、潜水機材をつけていると狭すぎて動けなかったり、
周りの内装物にぶつかってしまったりすることがあります。

そんなときには・・・

20131128clean02.jpg

こんな感じ。だいぶ軽装備でしょ?


ここの水槽で説明すると・・・
まずは、足ヒレの装着をしません。

20131128clean03.jpg

一枚目の写真に比べ、今回の水槽は非常に狭いので、足ヒレをつけていると
逆に動きに制限がかかってしまったり、
水槽の底に敷いてある砂を巻き上げてしまったりするので、あえて着けていません。

二つ目、タンクを背負っていません!

20131128clean04.jpg

水槽の背面に映っているダイバーの背中を見ると、
タンクを背負っていないのが分かりますよね?

では、一体ダイバーはどうやって呼吸しているのでしょうか?

それは・・・
水中にいる間は息をしていません!!
素潜り状態。
数十秒潜って、息が切れたら水上に顔を出して息を吸って…
を繰り返しています。

水槽掃除でダイバーがいても、色々なパターンがあります。
もし、掃除中のダイバーがいたら、そういったところに注目してみるのも
面白いかもしれませんね。