プールをキレイにしているのは...

横浜・八景島シーパラダイスには大小合わせて50以上の水槽、プールがあります。
その中で小さな魚から、アシカやイルカ、そしてジンベエザメまで、たくさんの生きものたちが暮らしています。
そんなプールの中をどうやってキレイにしているのでしょうか?

プールの壁や底、アクリルガラスには、放っておいたらコケが生えてきてしまいます。
そのため、スタッフが潜水器具を背負い、スポンジやスチールウールを持ってプール内を掃除しています!
水族館内で掃除をしているダイバーを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

この写真はどこを掃除しているのかというと...

20131014clean01.JPG

そう!ジンベエザメが飼育されているショープールでした!!

20131014clean02.JPG

シーパラ1大きなプールなので、掃除するのも一苦労ですね。

20131014clean03.JPG

こちらはアクアミュージアム1階のイワシがいる大水槽。
アクリルガラスだってピカピカにしちゃいます♪

楽しそうに見えて、意外と体力を使うハードな作業なんです...
でもお客さまが手をふってくれるとちょっと嬉しかったり(笑)

みなさまもお掃除ダイバーを見かけたら手をふって、応援してあげてください!!