シーパラでのオウムガイの見分け方

みなさん、こんにちは。
今回、ご紹介するのはオウムガイの見分け方。

またオウムガイネタかよ・・・
と思わず、お付き合いいただければ幸いです(^^;)

現在シーパラには大小合わせて9匹のオウムガイがいるのですが、
みなさんどうやって見分けていると思いますか?

実は、殻の模様で見分けています!
では、殻のどこを見ているのかといいますと・・・

20130910nauti01.jpg

上から見た殻の模様!

ごはんを与える際に、水槽の上から行なっているので横よりも都合が良いのです。

しかし、この見分け方・・・
一つだけ欠点があります。

それは・・・
オウムガイの殻は日々成長しているので、非常にゆっくりではありますが
長い目で見ると、模様が大きく変わるのです。

例えば、下の写真で説明しますと・・・

20130910nauti02.jpg

左側はシーパラに来た半年前の殻の様子。
右側は、先月7月の様子。

左側の赤丸、殻の特徴的な模様が、かなり前方に移動しているのが分かりますか?



20130910nauti03.jpg

こちらのオウムガイは、殻の成長が著しく・・・
赤丸の模様が、フード(殻の前方部分に被っている茶色い組織のこと)の下に
潜りこみそうなほど成長しました。

こんな感じで、スタッフはオウムガイを見分け、そして彼らの成長を日々見守っているのです。

また、オウムガイの面白い(!?)話がありましたら、紹介しますので・・・
乞うご期待!!