ピラニアの卵、その後

前回、ブログにてご紹介しましたピラニアの産卵。

お父さんピラニアが一生懸命卵を守っていたのですが・・・

卵の様子を良くみたかったのと、孵化した赤ちゃんピラニアがきちんとごはんを食べられる環境を
整えたかったので、産卵翌日に裏側の水槽に収容することにしました。

20130903piran01.jpg

回収した卵。
なんだか色も形も大きさもお寿司のとびっこに良く似ていますw
粘着質の卵で、水草にくっついている状態です。

20130903piran02.jpg

収容したバックヤードの予備水槽。

20130903piran03.jpg

回収直後に顕微鏡で見た卵の様子。
文献によると、卵は産卵後2日で孵化するとあったので、
1日経った卵は、発生が進んでいるのでは!?

と思ったのもつかの間・・・
残念ながら変化は見てとれませんでした・・・

文献には、卵は鮮やかなオレンジ色と載っていたけど、
今回回収した卵は薄い黄色・・・、
顕微鏡で卵の発生も確認できず・・・

今回の卵はダメだったのでしょうか・・・

・・・

次回、ブログを乞うご期待!