うみファームの裏方を、ちょっとだけ公開 その2

~ フィッシングスクエアにマアジを搬入しました ~

シーパラでは、水槽などの施設に生きものを入れることを「搬入」と呼んでいます。

さて、私が主に担当している、魚を搬入する作業を公開します。

「うみファーム」へ搬入する場所は、大きく3カ所にわかれています。
1.フィッシングスクエア ※(魚釣りゾーン)
2.ハンティングスクエア ※(魚とりゾーン)
3.オーシャンラボ ※(大生簀ゾーン)
※は私たちが、開業前に呼んでいた名称です。

1万匹のマアジを、活魚車と呼ばれる大きなトラックで運んできます。
ここまでは、普段と同じです。
普段と違う作業は、ここからです!

クレーンを使って、活魚車から・・・・・・・・

20130311_new_1.jpg

・・・・生物移動用イケスに移します。

20130311_new_2.jpg

約5千匹のマアジを入れたら出発です。

移動方法は・・・・

20130311_new_3.jpg

・・・・ゆ~っくりと、ボートで引っ張ります。
    ↑
これが大切なのです!
なぜなら、魚たちが傷つかないようにするため。

フィッシングスクエアの横に着いたら・・・・

20130311_new_4.jpg

搬入するイケス網と、生物移動用イケスをつなげてからゆっくりと流し込みます。

すると・・・・

20130311_new_5.jpg

この辺りに魚の大群がみえてきます。

20130311_new_6.jpg

上から見ると、こんな感じです。
わかりますか?

これで、約1時間30分の作業です。

なれない海の上、網作業、安全を意識しながらの作業は、とても疲れるうえ、翌日には筋肉痛が待っている。。。

でも、元気に泳ぐ「マアジ」を見たらホッとして、今日の夜は、ゆっくり寝られそう(^^)