水族館で、欠かせない力作業

今日は、水族館で欠かす事が出来ない力作業・・・

餌の搬入を紹介します。

シーパラでは、1日トータルで約800~1000kgの餌を飼育している生きものに与えています。 大量に消費するので、週2回餌の搬入を行っています。

~トラック到着~

20130303_tikara_1.JPG

朝8時、大型トラックが到着します。
トラックの中には、大量に冷凍されている餌が入っています。
ここから、台車に載せて冷凍庫まで運んでいきます。

~搬入前~

20130303_tikara_2.JPG

まずは、餌を搬入前の冷凍庫です。残りが大分少なくなっています。
冷凍庫の設定温度は、マイナス25℃になっています。
夏場は涼しく感じますが、冬場はとても寒くジャンパーを着て、作業を行うメンバーもいます。

~搬入方法~

20130303_tikara_3.JPG

台車に餌を載せているところです。
力作業なるので、主に男性スタッフが行います。
安全対策でゴム手袋を着用して作業を行います。
上の写真は、サバが入っている箱ですが一度に台車に載せる重さは
15 (kg) × 5 (列) × 6 (段) = 450 (kg)
になります。とても重いですよね・・・

~置き方~

20130303_tikara_4.JPG

置き方の方法は、一段目は縦向き3列、横向き2列に並べたら、二段目は、写真の上下の配置逆をにして積み重ねていきます。
これは、傾かないようにバランスよく積み重ねるために行っています。

今回の餌入れで、一番多く搬入したのは、アジの1箱15kg、90箱です。
一番重いのは、オキアミの20kgで、一番軽いのは、イカの8kgでした。

その他、サバやサンマ、カキなど・・・
総計、約2630kgの餌を冷凍庫に入れました。

~搬入後~

20130303_tikara_5.JPG

赤い丸で囲ったところが搬入で増えた餌です。
約20分位で全ての餌を冷凍庫に入れ終わります。

写っているダンボール箱が、大体3、4日で無くなってしまいます。

撮影した日が月曜日でしたので、金曜日にほぼ無くなり、またトラックで餌が搬入される・・・
というのを繰り返しています。

朝から力仕事をするので大分疲れてしまいます・・・が!
気合を入れて安全に仕事に励んでいます。

――――――――――――――――― ところで・・・
この冷凍庫、「アクアミュージアムバックヤードツアー」の一部でご紹介しており、このツアーにご参加いただいたお客さまはご覧いただくことができます。

ぜひご参加ください。スタッフ一同お待ちしております!

アクアミュージアムバックヤードツアー
料金500円(税込)
参加人数各回15名さま(先着順となります)
受付方法アクアミュージアム1Fインフォメーションにてお申し込みください。
定員になり次第、受付を終了とさせていただきます。
ご注意9才未満のお子さまは保護者の方と一緒にご参加ください(有料)