だれのごはんでしょう?

久しぶりの、今回の意外なごはんはこちら!

201300221_oumu_1.jpg

カニです。

中身の『身』があまり入っていない、よくお寿司屋さんのお味噌汁の出汁として使われているものです。

しかし、このカニをこのままではなく…

ただでさえ身が入っていないのに、その身をできる限り取り除きます。
そして普段、私たちが食べない『殻』の部分をメインに与えていきます。

で、誰にあげるのかというと

またまた登場オウムガイ!

201300221_oumu_2.jpg

彼ら、オウムガイたちは泳ぎが苦手で、自然界では海底に落ちている生きものの死骸やエビやカニの脱皮殻を食べているといわれています。

水族館では、与えればアジやイカも食べますが、ずーっと与えているとカルシウム不足でオウムガイの新しくできる殻がボコボコになったり、薄くなってしまうので、できるだけカルシウムの多いものをあげるようにしています。

先ほども言ったように、泳ぐのが苦手な彼らには、下の写真のように1匹1匹棒を使って、触手まで餌を持っていって与えます。

201300221_oumu_3.jpg

オウムガイには、硬いものを噛み砕くことが出来る『くちばし』があるので、ごはんの時間に耳を澄ませると(バリバリ、ボリボリ・・・)
という、カニを噛み砕く音が聞こえます。

201300221_oumu_4.jpg

もし、ごはんの時間に見ることができたら『音』も聞いてみてくださいね☆

種名オウムガイ
学名Nautilus
英名Nautilus pompilius