シーパラ、冬の風物詩!?

寒い日が続いていますが、みなさん風邪などひいていませんか?

シーパラでは、この寒い時期になると見られる、ちょっとすごい?光景があります。

それはどこで見られるのかというと、アクアミュージアム4階の「川の生きもの」のエリア。
通常はこんな感じなのですが・・・

20130118_yuge1.jpg





寒い日はこんな感じ!

20130118_yuge2.jpg

水槽からモクモクと大量の湯気が!(゜Д゜)

よく、お客さまからは
「温泉ですか?」
「水温何度ですか?」
と質問されますが、このエリアの水槽の水温は年間を通して27度前後。

ここでは、主にアマゾン河等で生息する熱帯域の生きものを展示しているのですが、特別、水温が高い訳ではなく・・・

外の気温が低すぎるので湯気が出ているのです!

気温が10度を下回ると、湯気が見え始め・・・
気温が0度近くになると、温泉のようなモクモクとした大量の湯気がみえます。

みなさん水槽から湯気が出ていて、水がどれくらい温かいか非常に気になるとは思いますが・・・
水槽内にはピラニアなど鋭い歯を持った魚が入っていて危険ですので、絶対に手を入れないでくださいね!!