うごめく黒い塊

みなさんこんにちは!
今回は展示水槽内で「うごめく黒い塊」をみなさんに紹介したいと思います。

20121124_gonzui_1.jpg

場所はアクアミュージアム3F 育む海 ~東京湾水槽~
この水槽、真ん中で仕切られていて左右で違った展示をしています。
写真左の明るい水槽は東京湾の浅瀬に暮らしている生物たちを、反対に写真右の暗い水槽は東京湾の深場に暮らしている生物を展示しています。
ではタイトルにある「うごめく黒い塊」はどちらの水槽で暮らしているのかと言うと、写真左の東京湾の浅瀬に暮らしている生物です!

では、「うごめく黒い塊」とはいったいどんなものなのか見てみましょう!

20121124_gonzui_2.jpg

写真左下になにやら奇妙な塊が…
そう、これが「うごめく黒い塊」です!
奇妙なことに、この塊、形が変わったり移動したりもします!
更にこの写真をもう少しアップにしてみましょう!

20121124_gonzui_3.jpg

これが「うごめく黒い塊」の正体です!
魚の数によって大きさは違いますが、塊の大きさは現段階で大体サッカーボールほどあります!
この魚はゴンズイという名前で、黒い体色に黄色いラインが入った外見や、口元にある8本のヒゲが特徴です!
また、背鰭には毒棘があるため不用意に触らない方が身のためだと思います。
ゴンズイは自然界でも群れを作って生活する魚なので、展示水槽でも常に群れて塊になっています。

「うごめく黒い塊」の正体はゴンズイという魚が群れになっている姿のことでした!

種名ゴンズイ
学名Plotosus lineatus
英名Striped catfish eel