生きものたちが作るアクアリゾーツのクリスマス

今回、ご紹介するのはアクアミュージアム1階で好評展示中のクリスマス特別展示、イバラカンザシです。

イバラカンザシの展示テーマはズバリ『世界最小(?)のクリスマスツリー』です!
なんと、イバラカンザシの英名はChristmas-tree worms(クリスマスツリー ワーム)と言うんです!

名前を聞くだけでも、一体どんないきものなのか、ちょっと期待しちゃいませんか?(私だけ?)

では、どれだけ小さいのか…
まずは水槽を見てみましょう。

20121124_kanzasi_1.jpg

ん?
横幅60cmの水槽の中央にポツンと握りこぶしくらいの白い岩が置いてあります…
実はこの岩は、イバラカンザシの住処なんです。


ではもっと岩に寄って見てみましょう!

20121124_kanzasi_2.jpg

何やら岩の表面に、小さな穴や、色とりどりの小さな物体が見えますか?
でも、何がクリスマスツリーなのか、この写真ではサッパリですよね(^^;)


さらにアップで、イバラカンザシだけを見てみましょう!
ソレッ!!

20121124_kanzasi_3.jpg

どうです?
小さなクリスマスツリーのように見えませんか?
写真だと大きく見えますが、実際の大きさは1cmあるかないか…
とても小さいのです!!


ちなみに、イバラカンザシは植物ではなくゴカイの仲間です。
このツリーのように見える部分で呼吸をしたり、餌を捕まえたりするんですよ!

パッと見は地味ですが、よくよく見るとシュッと引っ込んだり、引っ込んだ穴からニュルニュル~とゆっくり出てきたり、動きも実に面白い生きものですので、みなさんじっくりご覧くださいね!

種名イバラカンザシ
学名Spirobranchus giganteus
英名Christmas-tree worms