マンボウのごはん ~与え方編~

前回のブログで、マンボウのごはんについて紹介しましたが、今回はそのごはんを一体どうやって与えているのかご紹介!

ボールの中に入っているピンク色のペースト。

20120920_manbo3_1.jpg

このペーストを一口大のお団子にしてあげるのですが…

シーパラでは2通りの方法で与えています。

一つ目は、長いスプーンを使って水上からの陸上給餌。

20120920_manbo3_2.jpg

スタッフが、水槽の上からマンボウを水面近くまで呼んで、長いスプーンの先にお団子状にしたペーストを 乗せて与えます。

マンボウも、スプーンでもらえることをきちんと理解しているので、スタッフが水面をスプーンでパシャパシャ叩いて呼ぶとすぐに浮上してくるんです。

二つ目が、ダイバーが潜って直接与える水中給餌。
ただ、ごはんを与えるだけでなく、マンボウの様子を間近でみて健康チェックも行っています。

20120920_manbo3_3.jpg

(体に傷はついていないかな?)
(うんちやおしっこはしているかな?)
(泳ぎ方はおかしくないかな?)

様々なことを間近で観察しながらごはんを与えています。

そんな、ごはんの時間は1日2回絶賛実施中!

平日陸上給餌水中給餌
11:3015:30
土日祝水中給餌
(1) 11:00~ 
(2) 15:30


※マンボウの健康状態により、時間の変更や中止させていただく場合があります。 予めご了承ください。