測量の日イベント

以前、測量の日イベントのお知らせをしましたが、ジンベエザメ以外にも様々な動物の測量を行いましたので、みなさんにご報告です!

今回、ご紹介するのは『アオウミガメの甲長測定』。
普段、水槽の中にいるアオウミガメを、水槽から出してみなさんの前で甲羅の大きさを測りました!

20120626_kame1.jpg

準備万端!!
屈強な?男性スタッフ2名が、水槽に入って大きめのアオウミガメを捕まえます。

20120626_kame2.jpg

アオウミガメも、そう簡単につかまるものか!!
と、激しく暴れていました(^^;)

観覧ゾーンのお客さまからは
『がんばれ!!』『もう少し!』
とたくさんの声援もいただきました!!!

そして・・・
捕獲成功!

20120626_kame3.jpg

アオウミガメも観念したのか?だいぶ大人しくなりました。

なんだか、少しかわいそう・・・
なんて声も聞こえてきそうですが、『測量』はとっても大切なことなのです。
例えば、学校や会社では年に一度、身長や体重を測りますよね?
毎年行って記録をとることにより、どれくらい大きくなったか成長を知ることができます。

これは人間だけではなく、水族館のいきものたちも同様です。

定期的に体重や体長の測量を行い、太っていないか痩せていないか
そして、こどもはどれくらい大きくなったか…など
健康診断の役割も兼ねているのです。

そして、みなさんの前に登場したアオウミガメ!

20120626_kame4.jpg

甲羅の大きさはいったいいくつでしょう?
みなさん、興味津々!!

甲羅の縦と横の長さを測りました!
測ったあとは、カメとのふれあいタイム!

普段は触ることのできない、甲羅に触ってもらいました!

20120626_kame5.jpg

大人気!!!!
人の列が途絶えることなく、次から次へとこどもたちが来てくれました!

測量の日は終わってしまいましたが、測量イベントは7月7日までの土日、様々ないきもので実施しています!

アオウミガメの測量は、6月30日にもう1回実施があります!
興味ある方は、ぜひご参加ください!
そして、甲羅の大きさはどれくらいか、ご自身の目で確認してみてください!

水族館で測ってみよう!!