仲間入り(後編)

今日もパラパラめくります。

八景島に到着したらいよいよ大水槽へ搬入です。

活魚車からビニール製の大きな袋を使って、イワシを海水ごとすくい、泳がせたまま取上げます。


i11.jpg

ウロコがはがれないように気を使います。


クレーンで台車へ降ろしたら、水槽へ直行です。


i22.jpg

あわてずに運ばないといけないですが、ゆっくりだと酸欠で弱ってしまいます。


水槽上に着いたら、再びクレーンで吊り上げ、ゆっくりと水槽内へ降ろし、イワシを開放します。

大水槽で展示している魚たちはこのように運んでくるのです。
ちなみに1回の輸送でイワシは5000尾から多いときには1万尾搬入します。

ここで現在の大水槽の写真をお見せしたいところですが、「群れと輝きの魚たち」水槽はまだまだ完成ではございません。3月20日のオープンまでもうしばらくお待ち下さい。

次回はいよいよ大詰め、サメの移動です。3mを超える大型のサメを隣の水槽からお引越しさせます。お楽しみに。