仲間入り (前編)

今日もパラパラめくります。


新しく生まれ変わる大水槽には、マサバやマイワシ、カタクチイワシなど着々と新しい仲間たちが加わっています。
中でも、水槽内でひときわ輝く群れを見せてくれるマイワシ。
今回はマイワシがどんな風に八景島へやってくるのかをご紹介します。


numazu1.jpg
海の上に浮かぶ丸い生簀(いけす)。
この中に1万尾を超すイワシをストックしてもらっています。
今回のイワシの状態も良好なよう!


numazu2.jpg
まずは、このイワシたちを生簀(いけす)から舟にある水槽へと移動させます。
さてこのイワシ、網などで体がこすれたり、空気にふれたりするとすぐに弱ってしまうとってもデリケートな魚です。
そこで、移動は水ごとバケツで丁寧に!
これを何度もくり返す、とても根気のいる作業です。


numazu3.jpg
舟にうつし終わると岸に戻り、次はいよいよ活魚車へ!

numazu4.jpg
今度は、水ごと魚をすくえるビニール製の大きな袋を使って、全てのイワシを活魚車へ。
大きなクレーン車まで登場します!


numazu5.jpg
イワシの移動も無事に完了し、いざ八景島へ出発っ!!