魚捕獲

今日もパラパラめくります。

熱帯域の魚を展示していた、前「パノラマ・海洋の魚たち」に対し、新「群れと輝きの魚たち」は、温帯域の魚がメインとなります。
そのため、新水槽を誕生させるには、元々入っていた魚たちを取り出す必要がありました。

捕獲方法は水中班4名、陸上班8名で大水槽に大網を張って、魚を囲ってしまうというものです。

書いてしまうと簡単ですが、実際に作業してみると、水中で会話はできない、あんなに大きな水槽に網を張ったことのある経験者も少ない、魚たちに傷をつけないように慎重に行なわなければならないなどいろいろ大変でしたが、1月28日、2月2日、2月9日の3回に分けて網を引き、捕獲したかった生物の取り上げ業務を無事完了しました。

かなり大掛かりな作業で、魚チームだけでなく、ショー、海獣、水処理、販促、ふれあいチームからも人員を出してもらうという水族館の一大イベントとなりました。

b.jpg

魚に逃げられないように囲っていく。


c.jpg

底を縛って袋状にする。これでもう逃げられない。


d.jpg

底をしぼめていき、取り上げやすいようにする。


e.jpg

水面でキャンパスに取り上げる。あとは予備槽へ移動。