同居人がやってきた!

昨年の12月に当水族館で保護することとなったタイマイ。
さて、その後どうしているのでしょう?

水族館へやって来た当初は、元気はあるものの果たして水槽という環境に慣れてくれるだろうか?エサはちゃんと食べるだろうか?といった心配がありました。
そこで、まずは小さなプールで様子を見ることにしました。2、3日このプールで様子を見ていましたが、段々と落ちついてきた様子でエサも食べるようになったので、少し大きな水槽へと引っ越しました。
しばらくの間は1人ぼっち(1匹ぼっち?)で過ごしていたタイマイですが、先日、1匹の同居人がやって来ました!それは、ケガの治療の為にやってきた子供のアオウミガメです。このアオウミガメは体の大きさはタイマイと同じくらいですが少し気が強く、2匹がケンカをしないか心配でした。
しかしそんな心配をよそに、今では2匹そろって仲良くエサを食べる姿がみられます。これには私達も一安心!どうやらタイマイは、活発でヤンチャな性格のアオウミガメを、快く受け入れてくれたようです。
taimai.jpg