6月8日(木)に「マゼランペンギン」(82羽)が『上越市立水族博物館』から『横浜・八景島シーパラダイス』に、仲間入り!!
今しか見れない、ペンギンズをふれあいラグーンでご覧ください。

 
 

『上越市立水族博物館』は、2015年4月1日(水)より「株式会社横浜八景島」が指定管理者として運営を開始し、このたび2017年5月14日(日)をもちまして、『上越市立水族博物館』は長期休館に入り、休館後は解体工事に入ります。飼育数日本一を誇るマゼランペンギンランドや、日本海の広がり、光、風を体感する空間にイルカが海をバックに飛ぶ最上階のプールなど、上越の海のシンボルにふさわしい新施設は2018年の春に開業を予定しております。新施設の開業に向け長期休館中の『上越市立水族博物館』から「マゼランペンギン」を引越しし、『横浜・八景島シーパラダイス』で一時飼育・展示いたします。