2021年7月26日「世界自然遺産」登録!

2021年7月26日、鹿児島県と沖縄県にまたがって点在する、奄美大島・徳之島・沖縄本島北部・西表島が「世界自然遺産」に登録されました。日本では5件目の登録となります。
横浜・八景島シーパラダイスでは、2019年に徳之島の天城町役場からの依頼で、水産振興の一環を目的とした海洋環境調査(島内の自然環境の視察や潜水調査など)を実施しました。
調査では、島の豊かな自然と、それが織りなす生物の多様性を目にすることができ、非常に魅力あふれる島であることがわかりました。
その魅力をより多くの方に知っていただくため、現地の方々と収集や輸送の方法など相談を重ね、徳之島の海をテーマとした、水族館ならではのコラボレーション展示を開催いたします。

 

展示生物

オキナワハクセン ベニシオマネキ ヒメシャコ ハナミノカサゴ

オキナワハクセン

徳之島の自然と生きもの

  •  

    ウミガメが泳ぐ美しい海

  •  

    犬の門蓋

  •  

    美しいビーチ

    徳之島は、白い砂浜と亜熱帯の森林が広がる自然と、多くの鍾乳洞が特徴的な島です。
    海は、黒潮(暖流)の恩恵により、サンゴ礁と鮮やかな色彩の魚たちを多く見ることができます。また、初夏から夏にはアオウミガメが産卵に砂浜へ上陸し、子ガメがふ化して海へと旅立ち、冬は出産と子育てでザトウクジラが訪れる、魅力的な海域です。
    森林には、奄美大島と徳之島にしかいない「アマミノクロウサギ」が棲んでいることでも有名です。その他にも、「トクノシマトゲネズミ」、「オビトカゲモドキ」、「ハツシマカンアオイ」、「リュウキュウアカショウビン」などの希少種が生息する、手つかずの大自然を有しています。

    ザトウクジラ アマミノクロウサギ リュウキュウアカショウビン オビトカゲモドキ

    ザトウクジラ