海育塾1回目!入塾式や活動の様子をレポートとしてご紹介いたします。

仲間といっしょに、さまざまな「海育(うみいく)」を通して海の生きものや環境について学ぶ「シーパラこども海育塾」がスタート! 今回は入塾式のほか、横浜市とのブルーカーボンについての取り組みや地球温暖化についてのお話、海の動物たちの飼育体験の様子をレポートします。

【シーパラこども海育塾とは】

小学生を対象に、海とふれあい、海とともに成長していく「海育」をテーマとしたプログラムを提供します。海に関して様々な面から学び、生きものへの関心はもちろん地球環境にも目を向けるプログラムで、命の大切さや次世代を生き抜くライフスタイルや行動を身に付けることを目的としています。2016年度は6月から毎月1回、計10回の講義をこどもたちが体験します。

第1回 入塾式

  • ①「温暖化ってなあに?」~私たちにできること~

  • ②海の動物たちの飼育体験

入塾式

さあ、今年もシーパラこども入塾式から始まります。塾生のみんなは小学1年生から6年生まで25名。塾長から「海や環境のことを楽しく学んでいきましょう!」と挨拶がありました。また、来賓の東京海洋大学の刑部真弘先生からは「日本は世界でも有数の海水保有量を誇るので地球にとって大きな意味をもっている」というお話しをいただきました。塾生たちはみんな初対面のため少し緊張気味でしたが、これから始まるプログラムに期待がふくらんだことでしょう。そして海を大切にすることを目的とした塾訓を唱和して、「シーパラこども海育塾」いよいよスタートです。

レクチャー「温暖化ってなあに?」~私たちにできること~

横浜市温暖化対策統括本部、吉田美緒先生の授業は、温暖化とブルーカーボンについてでした。横浜市では100年間に平均気温がなんと2.7℃あがっているそうです。一人ひとりが温暖化を防ぐために、できることから始めたいですね。
温暖化を防ぐためには二酸化炭素などの発生を抑えたり、吸収したりする必要があります。森林だけではなく、実は海も二酸化炭素を吸収していることを知っていましたか。これを「ブルーカーボン」といいます。「海を守れないと温暖化がいっそう進み、魚などの生命にも影響をおよぼし、漁業ができなくなる可能性もあります。だから海育塾で海の役割や大切さをしっかり学んでください」という吉田先生の言葉に、一同大きくうなずいていました。

[塾生の感想]

小学校5年生 ゆなさん

「海中のアマモが二酸化炭素を吸収していることを初めて知りました。木や森より海のほうが二酸化炭素の吸収量が多いことにも驚きました」

小学校6年生 ゆうさん

「学校の環境問題の授業とは違うことを学べました。ブルーカーボンのことを知り、また温暖化で横浜市の温度があがっているので、電気の節約をしたいと思いました」

海の動物たちの飼育体験

さあ次は、外へ出て飼育体験です。飼育員の武田先生から説明がありました。 今日、取り組むことは①ペンギンプールのお掃除②動物たちのゴハンの準備③実際に動物たちにゴハンをあげる、この3つです。

①ペンギンプールのお掃除/ペンギンの「フン」をそのままにするとバイ菌が増えて病気になってしまうから、常に清潔にしておく必要があるそうです。キレイにしてもらったペンギンも嬉しそうに歩いたりプールに入ったりしていましたね。

②動物たちのゴハンの準備/魚の餌のオキアミとアザラシとセイウチの餌のアジとサバをそれぞれ自分のカップに入れました。シーパラの飼育員が、動物たちがお魚を食べやすくなるようにカットしてくれました。

③動物たちにゴハンをあげる/うみファームでブリやマダイにオキアミをあげると魚たちが海面に身体を踊らせ、「ワーッ」と歓声があがりました。次にふれあいラグーンでアザラシにアジをあげます。手(前肢)を振ってアジをねだる姿は可愛くて面白かったですね。最後に大きなセイウチの「ピコちゃん」にサバをあげました。名前を呼ぶと返事をしてくれる。ごほうびにサバをあげるとペロンと口に入れてゴクンと飲んでしまう。その様子を目の前で見ることができて、みんな大興奮!でした。

[塾生の感想]

小学校3年生 じゅのんくん

「ペンギンプールを掃除したら、その後をペンギンが付いてきて可愛かった。ピコちゃんが声を出して返事をしてくれるのがスゴいなと思いました」

小学校3年生 みつきさん

「アザラシがゴハンを食べた後すぐに手を振っておねだりしていたのが面白かった。海の動物にゴハンをあげるのは初めてで、とても楽しかったです」

講師からメッセージ

横浜市温暖化対策統括本部
プロジェクト推進課 吉田美緒さま

今日は海の生物の海藻などが温暖化対策に貢献していることを知ってもらえればと思ってお話ししました。低学年のお子さんは海の大切さや海への興味からスタートしてもらい、高学年の皆さんには温暖化との関わりなどを深く知ってもらうきっかけになって欲しいと思いました。
横浜市在住の小学生の方でも海を訪れたことがない方もいるそうです。横浜でも海の公園や八景島などで海とふれあうことができますので、そこから海の環境や温暖化について関心を広げていただけたらと願っています。