シーパラこども海育塾10回目!

仲間といっしょに、さまざまな「海育(うみいく)」を通して海の生きものや環境について学ぶ「シーパラこども海育塾。
今回は最後の授業。最後は12月にみんなで植えたワカメの苗を収穫し、みんなでワカメのみそ汁をいただきました。
そして、海育塾の思い出を絵と作文で塾生たちが発表します。最後には卒塾式を行いました。

体験スケジュール

12:45

 

シーパラ内の客船ターミナルに集合!

卒塾式だから、緊張….?いえ、みなさんいつも通り元気いっぱいです!

13:00

 

いよいよ最後の海育塾のはじまりです!

今日はなにをするのかな?
まずはうみファームへ移動!
12月にみんなで植えたワカメの収穫をおこないます。
まだまだ小さかったワカメの苗が、どのくらいの大きさになっているか、みんなワクワクです!

 

うみファームについたら、飼育技師橋本さんから、ワカメの収穫方法など聞いて、みんなでさっそく収穫です。

 

ワカメが育っているロープを、みんなでひっぱります!

 

海から出てきたワカメの大きさにみんなびっくり!3cmくらいだったワカメが1.5mくらいになりました!ワカメのメカブ、茎、葉っぱといったワカメのつくりを学んで収穫です。

 

さらに橋本さんから、料理の仕方、さらにワカメの周りにいる生きものの話などの話を聞きながら、みんな袋がいっぱいになるほど詰めていきます!

 

ワカメをめいっぱい収穫した後は、海のバーベキュー焼屋に移動してワカメのみそ汁をいただきました。

 

みんなで楽しく食べて、また思い出が増えましたね!

14:00

 

客船ターミナルへもどってきたら、海育塾発表会です!

布留川塾長、第一回講師の横浜市信時理事、第二回講師 港湾空港技術研究所桑江先生、を迎え、「海育塾で学んだことや体験の感想を伝えよう」の作文と絵を発表します。

 

まずは1~3年生。学年ごとに分かれて、自分で書いた絵の前で発表!塾長、講師のお二人、お父さん・お母さん、他の塾生のみんなのまえでの発表は緊張の様子。でも、海育塾で楽しかった思い出や学んだことを立派に発表できましたね!

 

つぎは4~6年生の発表です!スクリーンに自分で書いた絵を映して、みんなの前で発表しました。「本物の深海潜水艇しんかい6500を見た感動」、「海がもっと好きになった」、「海育塾を通して学んだことが学校の授業にも活かされた」、「将来の夢こと」…!

 

なによりも、講師のみなさん、そしてお父さん、お母さんへの感謝を伝える姿に私たちスタッフは感動で涙がでそうでした!

 

発表の後は信時理事、桑江先生に講評をいただきました!

15:00

 

発表が終われば卒塾式のスタートです。

布留川塾長から一人ずつ修了証書が手渡されました。

 

そして、最後に布留川塾長から、成長したみんなへのエールが送られました。

 

さらに、スタッフからサプライズプレゼントで…1年間の海育塾の活動をまとめたムービーを上映!7月からスタートした海育塾。たくさんの場所に出かけ、たくさんの思い出を振り返りました。 

 

さいごに、みんなで記念写真!

 

卒塾式が終わっても、みんなで思い出を語り合う姿や、記念写真を撮る姿がありました。私たちスタッフもとても名残おしかったです。これからも海、自然、生きものを好きでいてください。そしてたくさんのいろいろな経験を通して、未来を切り開いてください。一年間本当にありがとうございました!